言葉を吐く。

5年の摂食障害、そして回復、そして今。

今日からできるプチ認知療法のお話

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

あなたは大好きな彼氏に振られた時
どんなことを思いますか?(唐突)

 

 

「つらい。最悪や。もうやだ。もう男の人なんて信じられへん!」
でしょうか。

 

 

 

「悲しいけどこれも学び!次はもっといい恋見つけよう!」
でしょうか。

 

 

 

私は完全に前者です。笑

 

 

 

 

 

正解はありません。どちらの方もいらっしゃると思います。

 

 

これが”認知”の差です。

その人が持つ思考の癖によって、この認知の差が生まれます。

 

 

 

認知療法ってなに?

 

 

f:id:waka0105s:20181108220244p:plain

 


さっきの例の場合、

「大好きな彼氏に振られた」という事実は変わりません。

 

 


だけど 、その人の考え方の癖や持っている価値観によって
「受け取り方」つまり、その人にとっての事実の認識が変わります。

 

 

 

この考え方の癖や価値観とは別の考え方や価値観を持つことで

その先の物事の捉え方や自分の捉え方が変わってくる。


そのことが心の症状の緩和につながる、それが認知療法です。

 

 


「なにそれうさんくさい」?


⚪︎⚪︎療法と聞くと、めちゃくちゃ取っ付きづらいし
うさんくさい、、なにそれ、、と思うかもしれない。

 

 

 

私も自分自身のことを治療が必要、だなんて思いたくなくて
でも、ここから逃げ出したくて早く解放されたくて、
でも、地獄にも似た環境に麻痺して
「治るわけないじゃん」って 諦めている自分もいて・・

 

 

 


なんかもう色んな感情でパンク状態でした。

 

 

 

 

”療法”だなんて言葉がついてるけど

「ちょっと別の角度から自分とか今の状況見てみる練習」

です。

 

 

 

それで自分が変われるかもしれない。

それでつらい状況が変わるかもしれない。

 

 

 

そう思ったら、ちょっと前向きになれる気がしませんか?

 

 

 

 

 

何から始めればいいのか

 

では、具体的に何をやるのか。

 

 


まず最初にお伝えするのが、

ちゃんとした認知療法っていうのは
ちゃんとした専門の方がちゃんとした手順で
ちゃんと飲み込みやすい形でちゃんと行うものです。

 

 

 


なので、病院やカウンセリングで受ける

認知療法は伝えられません。

 

 

 


私が伝えるのは、自宅でも始められるような
ちょっとしたプチ認知療法

 

 

 


【自分を褒める日記をつけよう】

家にあるもので始めることができる方法を

お伝えします。 

 

 

 

①まず、ノートとペンを用意してください。

 

 

②1日の終わり、寝る前に

 今日自分ができたことを思い出して

 ノートに自由に書いてください。

 

 

③それを、できるだけ毎日続けてみてください。

 もちろん、できない日があっても大丈夫です。

 

 

 

 

書くときの文字の大きさは問いません。

 

絵を描いてもいいし、できたことの個数もいくつでも大丈夫です。

 

 

 

 

昨日と比べた自分ではなく、

今日何ができたのかに目を向けてあげてください。

 

 

 

「今日吐かなかった!」なんて大きなことじゃなくてもいいです。

 

 

 

「ゴミを捨てれた」

「雨なのに仕事に行った」

「アラームが鳴った時間に起きれた」

「友達の連絡に返信することができた」

 

 

どんだけ小さなことでも大丈夫です。

 

 

もし思いつかなければ、

「ノートを開いた」

その行動を起こしたことを褒めてあげてください。

 

 

 

 

 「当たり前のことやん」って思っちゃうことでも

 心が疲れているときに行うのは相当なパワーがいることなんです。

 

 

 

 明日できなくても大丈夫です。

今日の自分を見つめてあげてください。

 

 

 

 

すぐには変わらない。けどちゃんと変わる。

 

「そんなんで何が変わるねん」

「いつ効果でますか」

よくこんな質問をもらうことがあります。

 

 

 

これは、

自分を褒める練習と

プラスに目を向ける練習なんです。

 

 

 

ある日劇的に何かがめちゃくちゃ変わる!!!!

なんて魔法ではありません。

 

 

 

ゆっくり、ゆっくり、

心の奥からガチガチ絡まった鎖を解いていくものです。

 

 

 

人が何十年も持っていた考え方の癖や

しがらみを解くってそう簡単じゃない。

私よりもよくご存知の方が多いと思う。

 

 

 

だからこそ、ちゃんと向き合うことが必要です。

 

 

 

 

 頑張っている自分に気づいてあげてください。

 

 

 

 

 

次回、私が認知療法をして何が変わったか?です

(その前にちょっと別の記事挟むかも・・?) 

 

 

ご一読ありがとうございました🌸

 

 

 

※医療用語を用いていますが、

経験者の勝手な主観でお話しをさせていただいています。

ご不安な方は、必ず医療従事者にご相談くださいませ。

 

竹口和香